きっと、ずっと、会議は踊る

エンジニアリングとアイドルとロックンロール

-- しゅう (@shoe116) の徒然なる物思い --

孫子と忍たまと村上春樹と戦争と平和

孫子は「戦争は手段であって、目的じゃない」と説いていたことを、村上春樹さんの期間限定サイトで思い出した。

www.welluneednt.com

ぶっちゃけた話、孫子そのものを読んだことはない。僕の知識はほとんど尼子騒兵衛先生の『落第忍者 乱太郎』によるものだ。今思うと、乱太郎たちの授業は彼らの年齢からすると信じられないほどレベルが高くて、落第するのも当然な気がする(ちなみにアニメ"忍たま"は、知らない間に腐った大きな女の子向けになっていて、それが悪いとは全く思わないけどちょっとびっくりした)。
 
日本の安全保障と戦争と平和孫子のように「戦争は手段」と言い切れば良いのか、僕らエンジニアが忌み嫌いながらも最終的にお世話になる必殺「運用でカバー!」みたいな職人芸的な憲法の解釈を続けた方が良いのか、勉強不足な僕にはさっぱりわからない。
 
まぁ、Johnの"War is over if you want it" は無責任だけどとてもかっこいいから、彼の歌がクリスマスに世界中で流れて、それで少しずつでも幸せな方に向かっていくといいと思う。