『君の名は。』における、圧倒的なノスタルジーの実装について(ネタバレを恐れない新海誠賛歌)

はじめに ようやく秋っぽい毎日が続いているので、久しぶりにBlogでも書く(書こうかなぁとは常日頃思っているが、こうやってエディタを開くところまで行かない*1)。今回は、新海さんの映画『君の名は。』が、相変わらずノスタルジックで最高だったという話を。別に、映画のレビューが書きたいわけでもないので、ネタバレ…