きっと、ずっと、会議は踊る

エンジニアリングとアイドルとロックンロール

-- しゅう (@shoe116) の徒然なる物思い --

愛と偏屈にまみれたHadoopの話(前編)

「そもそもHadoopって何なのか?」「なぜ分散並列処理が必要なの?」等、3年くらいHadoop使ってるけどあんまりじっくり考えることのなかったそもそも論を書いてみた。

職業プログラマの僕の残業が減らないたった1つの理由

0. はじめに お久しぶりです、しゅうです。今年も気ままに更新します(といってる間に2月に・・・)。前回のエントリ人工知能ポエムとシンギュラリティについてのエッセイで、ライブ告知をしなかったら「ライブ告知なかった」というありがたいコメントを世界…

人工知能ポエムとシンギュラリティについてのエッセイ

多分この人工知能(AI)とかシンギュラリティ(技術的特異点)とかいうキーワードが、俳句でいう"季語"みたいに叙情感を醸し出す強力な助けになるので、ポエマー界隈で人工知能ポエムが盛り上がっているのだと思うのだけど、ここでは彼らとはちょっと違う観点で…

"手に入れられなかった青春の偽装"としてのアイドル論

はじめに 最近(と言っても数ヶ月前だけど)、敬愛するアイドルヲタの先輩の結婚をお祝いする機会があって、その先輩とかなり前(と言っても1年くらい前だけど)に偶然同じ現場*1に居合わせて、そのまま飲んだ際に語られたアイドル談義を今日は頑張って文字…

『君の名は。』における、圧倒的なノスタルジーの実装について(ネタバレを恐れない新海誠賛歌)

はじめに ようやく秋っぽい毎日が続いているので、久しぶりにBlogでも書く(書こうかなぁとは常日頃思っているが、こうやってエディタを開くところまで行かない*1)。今回は、新海さんの映画『君の名は。』が、相変わらずノスタルジックで最高だったという話…

かわいいの分類学(facebookがおっさんにまみれた、たった1つの理由 前編)

はじめに 「書きたいことは結構あるのに、いざ書こうと思うと何となくめんどくさくて書かない」日々が続いていました。そんな僕がブログを書くということは、そういうことです。ギターをもって歌うので、お暇でしたら遊びに来てください。 7/10 12:00 op, 12…

相関と因果のがいねんと、マーケティングとの関係について、わかりやすい例を上げて考えてみた

とりあえず この前は最後にしたけど、とりあえず告知的なのを最初に書いておく。告知することがないと、blogを書く気にならないのは自分でもどうかと思うが、まあ仕方がない。 日時:2016.04.22(金) 値段:¥1,000 + Drink (2D ¥1,000/飲み放題 ¥2,000) 場所…

データサイエンティストの憂鬱と退屈

お久しぶりです、サボってました 前回書いた記事 shoe116.hatenablog.com の予想外のPVに満足(補足する必要すらないと思うけど、たいした数じゃないし当然自己満)して、その後サボり続けた。少し前に50回以上続く由緒正しき勉強会 データマイニング+WEB @…

安保法改正とSEALDsに対する当たり障りない感想と、技術的負債の話

憲法とか法律より、ずっとプログラミングに馴染みがあるWebエンジニアからみた、今回の安保法改正とSEALDsと民主主義についてのゴタゴタに関する感想文

アイドルとTOと神と預言者、そしてアンバサダーマーケティングについて

注) このエントリは、ライブ告知です。アイドルやwebマーケティングに興味がない人は、一番下のライブ告知(10/18 sun, 18:00 -)だけ読んでくれれば良いです。 はじめに、簡単な言い訳 僕は「色々やってるインターネットの会社」で、プログラミングしたり、デ…

サブカルにすらなれないラブソングのメロディ

僕がアコギを抱えて1人で恋の歌ったところで、別に世界はちっとも幸せにならないし、今日のあなたの仕事も楽にはならないし、もちろん日本のGDPにも全く貢献しない。僕はいわゆる”サブカル”が大好きだけれど、高々数十人にしか届かない僕の歌う歌なんて、サ…

僕が弾き語りが好きなたったn個の理由

はじめに言っておくと、このエントリはライブ告知です。 伝えたいのは 日時:5/6 (水・祭) 19:00 - 場所:KAKADO @お茶の水 ドリンク別1000円 僕は19:45 - カバーとオリジナル交えてまったり弾き語りします 来てくれたら大喜びするので、GW最終日お暇な方ぜ…

ニセモノノコイガシタイ (アイドル現場とデール・カーネギーの密接な関係)

僕はアイドルが好きだ(でんぱ組.inc、Negicco、ゆるめるモ!、プティパ等)。 アイドルという存在について、考えることべきこと、書いてみたいことがたくさんたまっているのだけど、1度にはとても消化しきれないので、今日はこの「好き」ということについて…

電王戦にみる機械とヒトの未来についての考察

小学生当時、市内のテキトーな子どもの大会(もちろん奨励会目指すような子たちは出ないヤツ)で優勝するくらいには強かった僕は、今でもほんとに時々だけど将棋を指したり、タイトル戦を眺めたりする。記憶が正しければ、小学校6年生の最後、将棋連盟公認で…

なくようぐいす鎌倉幕府

いわゆる「社会人」になって、今日で丸3年が経った(2015/3/31現在)。 ちょうど1年前、ちょっと大きな会社から、10人くらいのベンチャー企業に出向した(飛ばされたんじゃないよ、自分で希望した)。小さくて新しい会社に来てわかったことは、会社のパワー…

孫子と忍たまと村上春樹と戦争と平和

孫子は「戦争は手段であって、目的じゃない」と説いていたことを、村上春樹さんの期間限定サイトで思い出した。 <a href="http://www.welluneednt.com/entry/2015/03/16/173300" data-mce-href="http://www.welluneednt.com/entr…

エンジニアが日々何を考えているか、ということ

いろいろなエンジニアが世界中に存在していて、いいエンジニアがいっぱいいて、それほどでもないエンジニアがそれと同数かそれ以上存在しているという現実がある。 まぁ、それで世界が少しずつ作られていっていると思うんだけど、それにしたってエンジニアが…